PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

酒まんじゅう作り



今日は、祖母と酒まんじゅうを作りました。

この酒種は我家に代々受け継がれてきたものです。



まず、中力粉を酒種で捏ねます。
分量など量りません。
お天気などによって微妙に調整するそうです。



捏ね上がりはこの程度。
パンと比べるとあまり捏ねなくて大丈夫です。



捏ねてから一次発酵させる作り方もありますが、
我家は発酵させずに一つ分の大きさに切って、
餡子を詰めてしまいます。

適当に切っていますが、
祖母が切ると全部ほとんど同じ大きさ!!



餡子は前日、炊いて冷ましておきます。
お饅頭作りを始める前に丸めておくと詰めやすいです。



表面がデコボコしていますが、大丈夫です。

餡子を詰めたら発酵させます。
発酵中は上に新聞紙をのせておくだけ!
多少、表面が乾燥しても問題なし。



発酵が終わると表面が滑らかになります。



本当はこんな風に割れて来た頃が発酵完了なのだそうです。



お饅頭を蒸篭に入れて、
表面にお水を垂らして濡らしてから蒸します。
蒸気が全体に回ってから25分蒸します。



蒸し上がりです。
表面が艶々になりました♪



祖母はかなりの頻度でお饅頭を作っているので、
餡子を入れるのも上手です。

この技を全て習得するには
かなりお饅頭を作らないと無理ですね(>_<)

この酒種は100年以上、受け継がれてきた物なので
私もしっかり管理出来るようになりたいです。

私が引継いだらお饅頭よりパンになる確率が高いかもしれませんが…。
スポンサーサイト

| お料理 | 21:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://sarasn.blog32.fc2.com/tb.php/1030-48042928

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。